ようこそ

○主な内容
BVEデータの製作記録です。そのうちカテゴリを追加するかもしれません。TOPページには最新記事が表示されます。
更新頻度は低いですが、Twitterでも情報配信しています。
コメントやメールの返信は随時しています。

○Bve trainsim とは
mackoyさんが開発・公開されているWindows用フリーウェアの鉄道運転シミュレータです。電車でGO!のような3DCGの画面です。採点や持ち時間のあるシステムではなく、実際の電車・鉄道の挙動を重視した自由度の高い運転シミュレータです。このソフト用の追加データとして様々なアドオンが無料で公開されています。

○公開中のデータ
画像をクリックで詳細ページに移動します


多摩都市モノレール シナリオデータ                    Excel用の距離程計算ツール


距離程移動マクロVer1.10 公開  プラグイン製作状況

このページで公開している 距離移動マクロ を更新しました.

主な改善点
・デザイン(ユーザーフォーム形式に)変更
・少しだけプログラムの軽量化
・計算開始セルをA1セルからA2セルへ変更
・スクロールしてもコマンドボタンが隠れない(コマンドボタンも一緒にスクロールしない)ように変更

こんな感じです↓
3_20150426131921c49.jpg


バグや要望(追加機能など)があったらお気軽にお問い合わせください.
 Download
 Password:tim




多摩モノレールのBveデータの方は,前回の記事に続き,プラグイン製作を進めています.
ATOの機能のうち,TASCがなかなかうまくいきません.少しずつ定位置に停車できるようにはなってきていますが,まだまだオーバーランや手前停車が多発中ですw
パネルの右上に「前後切替スイッチ」の画像を用意しました.
少しでも,押したキーがどこに反映されているのかイメージしやすくなるように取り付けました.
実車は運転台の後ろにあります.運転中邪魔になりにくい位置かつ,全く目立たないいちではいけないということで,この位置にしました.

それと,キー操作アドバイスの表示方法を変更しました.今公開中のデータよりも目立つように,内容がイメージしやすいように,を目指しています.スクリーンショットをクリックすると拡大するのでご覧ください.
例えば,
公開中のデータ → N EBで 8 を押してください.
作成中のデータ → マスコンキーを挿入してください. レバーサーN,マスコン非常で 8
のような感じです.
クリックで拡大
クリックで拡大


あとは,疑似再現ですがワンマン運転なのでドア開閉することを促すメッセージを表することにしました.
クリックで拡大
クリックで拡大

他は,前回の記事にはってある動画では停車中にノッチをいじるとそのノッチが反映されてしまいましたが,
ATOのブレーキノッチと手動での介入のうち,上位ノッチを反映するようにしました.
例えば,TASC4ノッチ,手動2ノッチ → TASCノッチが反映される
TASC5ノッチ,手動7ノッチ → 手動ノッチが反映される
のような感じです.
細かいバグ修正はみつけては改善の繰り返しです.
ちなみに,地上子の都合などでこのプラグインのほかの路線データへの対応は今のところないので,多摩モノレールの路線データで想定される問題点のみを対象にしています.
広告
プロフィール

neclgm

Author:neclgm
更新は少なめですが、
コメントやメールはなるべく早く返信します。

BVE5用に多摩モノレールのデータを作成しています。

Twitter
https://twitter.com/neclgm

カテゴリ
リンク
カウンター
最新記事
全ての記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索